テンプレートの弱点

既存の用意されたものを使用するので、独自性を出しにくいことが弱点になります。
建物で例えるなら、建売住宅の様だと言えば分かりやすいでしょうか。
知識のある人が使いやすいようにと考え、設計してくれてあるものなので便利ですが、変更の自由度は限られてしまいます。
しかもテンプレートを一部変更しようと思うと、HTMLやCSSの言語を自分で変更しなくてはならず、知識が必要となります。
また、テンプレートの配布元によっては、テンプレートを変更しての使用することを許可していないところもあり、注意が必要です。
また、変更は認めていても作成者のサイン(マーク)を削るのは不許可、またはマーク削除に、別途料金がかかるものもあります。

そして、ホームページのテンプレートは、あくまで「ページ」の雛形であり、他のページとのリンクは自分でHTMLのタグを打ち込み、作製しなければならないそうです。たくさんのテンプレートが公開されており、気軽に始めることができる反面、作り進めた後になって、自分の好みや、使い勝手をカスタマイズするときになって、思わぬ壁にぶつかる恐れがあります。

また、様々なテンプレートを探していて、自分が良いと思うものは、他の人からも人気があり、既に選ばれている可能性もあります。
お揃いの服を着た知らない人に、街中でバッタリ会ってしまったかのような場面に遭遇する可能性もあるかもしれません。
同じ、または似たテンプレートを使ったホームページが、自分ホームページの内容やイメージに合わないものであった場合、イメージがマイナスになる可能性も否定できません。

クッキー

Copyright(c) 2011 テンプレートについて。 All Rights Reserved. Design by Cloud template